FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



次の次の次の大河ドラマが楽しみ
次の次の次の大河ドラマが楽しみ

NHKが2022年の大河ドラマが三谷幸喜さんが脚本を担当する『鎌倉殿の13人』になることを発表しました。
Yahoo!ニュースのなかのOricon Newsからです。
源頼朝を支えた13人の家臣が頼朝の子、頼家の暴走をきっかけに合議制を定めパワーゲームを繰り広げ北条義時が権力者になるまでが描かれるそうです。
主人公の北条義時には小栗旬が決定していますが他のキャストは未定のようです。
三谷さんは大河ドラマでは『新選組!』、『真田丸』に続く3本目の脚本担当作となります。

これは楽しみ!ですね。
まず三谷さんの脚本が楽しみです。三谷さんは歴史に造詣が深くて大河ドラマの2作品のほかにもご自身で日本三大会議と言われている1945年の『御前会議』、征韓論の会議、清須会議のうちの『清須会議』を映画化されています。
以前ブログに書きましたが『清須会議』公開の時に雑誌での安西水丸さんとの対談は面白かったです。
三谷さんも安西さんもそうでしたが歴史でも主役より脇役的な存在が好き、群像劇が好きなんだだそうです。
三谷さんは頼朝の弟の源範頼とか好きなんじゃないかと思います
範頼を、義時を、謎多い頼朝の死を、御家人による権力闘争などを三谷さんがどう描くのか楽しみです。

もう一つは先日亡くなった中山仁さんを書いたときに書きましたが私は大河ドラマの『草燃える』が大好きなこともあってこの時代が好きなのでとても楽しみです。
あまり目立たないですが今度、主役となる北条義時はこの時代の主役だと思うのです。
父である時政を追放し、御家人たちとの権力闘争、朝廷との闘い・承久の乱を処理して摂家将軍(後には皇族将軍になりますが)を成立させ執権政治を確立させる礎を築いた大政治家です。

歴史上の2代目の人は表舞台に出ることはあまりありませんが藤原家の不比等、後北条の氏綱、そして義時・・と2代目がしっかりした家は長く続いて繁栄していると思います(徳川家の秀忠も入れてもいいかもしれません。足利義詮は違うと思いますが・・・)

この時代を描いた大河ドラマは私が知っているのは平将門の『風と雲と虹と』、『草燃える』、『炎立つ』、『義経』、『平清盛』と意外と少ないです。それぞれが描かれる時代・視点が違っていて面白いと思います。
この時代なら私が大好きな木曽義仲を主人公にした作品もいつか作って欲しいです。
(映画では未見ですが大河ドラマにもなっている吉川英治原作の『新平家物語 義仲をめぐる三人の女』があるようです。)

どんなキャストになるのか松平健さんには出演してほしいですね。どんな話になるか楽しみです



※Yahoo!ニュースの『Oricon News』を参考にしました


スポンサーサイト



赤木春恵 さん
赤木春恵さん

女優の赤木春恵さんが11月29日に亡くなりました。94歳でした

ウィキペディアをみてみると70年以上俳優として活躍たくさんのドラマ、映画に出演されています。

テレビドラマでは赤木さんというと私がまず思い浮かぶのは大河ドラマ『おんな太閤記』の秀吉の母なか(大政所)です
このドラマは当時は毎週ただ面白くみていましたが今思うとねね(佐久間良子)を主人公にして大出世して変貌していく夫(秀吉)とその一族、そして一族にかかわる人々を描いた戦国版ホームドラマだったと思います。
私は大河ドラマは秀吉は緒形拳さん(西田敏行もとても良かったです)、ねね役は十朱幸代さんが思い浮かびますがが大政所は赤木春恵さん、朝日は泉ピン子さん、秀長は中村雅俊と『おんな太閤記』のキャストが印象的でした。
『おんあ太閤記』は合戦のシーンなどは覚えていなくて具体的ではないのですが百姓時代の一家の日常生活が頭に浮かびます。赤木さん演じるなかをはじめとして秀吉の家族がこれほど人間的に詳しく描かれた作品はなかったように思います
『おんな太閤記』の脚本を担当された橋田寿賀子さんそして赤木さんの代表作の一つになる『渡る世間は鬼ばかり』シリーズはみたことはないのですが『おしん』とか『いのち』とか橋田寿賀子さんの作品にはよく出演されていました。

金八先生シリーズは熱心にみていたわけではないのですが女の校長先生役で金八先生の理解者で…ととてもいい役だったと思います。想像ですが赤木さんはこの役は好きだったのではないでしょうか。



映画も観ていない映画が多く観ている作品でも『二百三高地』とか赤木さんが出演していたのは覚えていません。
映画ではやはり最高齢主演作で最後の出演作となった森崎東監督の『ペコロスの母に会いに行く』が印象的です。
当初は赤木さん演じていたみつよ役は森崎さんの映画でおなじみの倍賞美津子さんが予定されていたそうですが倍賞さんが体調不良で赤木さんに変更になったと聞いていますが赤木さんはぴったりの感じでとてもよくて赤木さんの代表作だと思います。

赤木さんはフィルモグラフィ―をみてみると森崎監督の映画には『野良犬』(黒澤明監督作品のリメイク)、『藍より青く』(NHK朝ドラマの映画化、天草が舞台、ドラマは漠然とですがみた記憶があります)、『黒木太郎の愛と冒険』(ATG作品)と出演されていて観てはいないのですが常連の俳優さんで気心が知れた間柄だったのかもしれません。

舞台は長崎であり、監督の森崎さん(島原市)、俳優も岩松了さん(川棚町・好演)、原田貴和子(好演)&知世さん(良かった、長与町・姉妹の競演は久しぶりだと思います)、白川和子さん(佐世保)と長崎県出身の俳優さんたちの出演もありどこか懐かしく笑いあり苦味あり涙あり感動ありの森崎喜劇になっていたと思います。


赤木さんはいろいろな役を演じられていましたが『渡る世間は鬼ばかり』の姑役の印象が強いことに葛藤がありやさしいおばあさんを演じて『赤木春恵という人はいい人だった』と思われて死にたいと発言されたり、福山雅治と交流があったりと茶目っ気があり精神的に若々しく好奇心があるやさしい方でだったようです。
皆から慕われていたようで今日(12月3日)お通夜が営まれ多くの方が参列されたそうです
お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします


※産経ニュース、一日の王など参考にさせていただきました



キャサリン・マグレガー
キャサリン・マグレガー

以前、NHKで放送されて日本でも大変人気があった『大草原の小さな家』に出演していたアメリカの女優キャサリン・マグレガーが11月13日に亡くなりました。93歳でした。

『大草原の小さな家』が始まったのは私が小学生の時で毎週、楽しみにみていました。
最初は主人公ローラを中心としたインガルス一家の物語でしたが主人公たちが成長しやがてローラや姉のメアリーが結婚してそれぞれの家族の話が中心となっていきました。
再放送もよくやっていて幅広い世代の人が見ているドラマだと思います
今でもこのドラマを懐かしく思い影響を受け好きな人は多いのではないでしょうか

私も大好きでしたがどちらかというとローラたちが子供だった最初の頃が好きで物語が進んでいくにつれて前ほど夢中になってはみていなくいて後半はみていない回もかなりあると思います。
特に最後の『新・大草原の小さな家』(エピソード9)はかなり経ってから放送されているようで殆ど覚えていなくてあまり見ていないかもしれません。
ただ大好きで忘れられないテレビドラマシリーズの一つでした。
レンタルショップにも置いてあるようですしもう一度時間に余裕があれば、最初から見なおしてみたいドラマです。

インガルス一家以外で忘れられない家族がオルソンさんの家族でした。
オルソン一家は町唯一の雑貨屋さんでお金持ちの家でした。ご主人はとても良い人でしたがキャサリン・マグレガー演じる奥さんは娘のネリーもでしたがとても意地悪で見栄っ張りでいつもいろいろな騒動を巻き起こし…と根っからの悪人ではないとは思いますがとても嫌な役でした。
ただ物語の中でなくてはならない重要で印象的な人でした。ほぼすべてのシリーズに出演していたのではないかと思います。

こういう人気シリーズで嫌な役を演じると結構、実生活でも影響を受けて大変だったのでないかと思いますが悪役とかこういう嫌な役を演じる人は本当は好い人が多いようでキャサリン・マグレガーもそうだったようです。
「本当は面倒見がよくてとても素敵な人でした」「彼女がいなければ機能しないドラマだった」などローラ役のメリッサ・ギルバートや娘のネリーを演じたアリソン・アーングリンがコメントしています。

インターネットムービーデーターズなどみてみるとキャサリン・マクレガーは 1950年代からテレビドラマ等に出演していたようですが英語はよくわからなくて詳しい経歴はよくわからなくてこのシリーズ以外は私は知りません。
1950年代はハリウッドが赤狩りやテレビの出現などで翳りが出てきたこともあり俳優さんも映画でなくテレビドラマに最初から軸足を置いて活躍していた人も多かったのかもしれません。マグレガーもそうだったのかもしれません。

「大草原の小さな家」も誕生して長い歳月が過ぎ、訃報を聞くことも多くなりました。
このテレビドラマはテレビで放送される機会はもうないかもしれませんが原作も含めDVDとかでは残っていくのではないかと思います。100年後にドラマをみてオルソン夫人に腹を立てている人がいると思います。
素晴らしいドラマをありがとうございました。ご冥福をお祈りします。



※CinemaCafe..net、銀幕とピッチとインクの匂いなど参考にさせていただきました




追悼 浅丘さん、西城さん、星さん
j女優の朝丘雪路さんが4月27日に82歳で、歌手の西城秀樹さんが5月15日に63歳で、そして女優の星由里子さんが5月16日に74歳で相次いで亡くなりました。

最初に亡くなられていた朝丘雪路さんの訃報は最後に伝えられました。
明るく元気でおっとりした人というイメージが私にはありました。
伊東深水の娘さんで津川雅彦さんの奥さまで宝塚出身の女優さんくらいしか知らなかったのですが亡くなったから歌手として紅白歌合戦に何回も出演されていたことを知りました。

女優さんとしてはすぐには作品は思い出せませんでしたがウィキペディアとかみてみるといろいろと出演されていました。
映画では『ダイアモンドは傷つかない』、『テラ戦士ΨBOY』、『時代屋の女房』、『伊賀野カバ丸』、『迷走地図』、『 藏』、『男はつらいよ』を観ていました。テレビも時代劇を中心に観ていたドラマがありました。
主役ではなく脇役として作品を支えたり、バラエティ番組などで活躍されることが多かったと思います
ここ数年、闘病されていたことも亡くなって初めて知りました。
浅丘さんのプライバシーを守りながら浅丘さんを支えられてた津川さんをはじめご家族は大変だったと思います。
ご冥福をお祈りします。


西城秀樹さんは3人の中では一番近い世代ですし歌番組全盛のころは毎日のようにテレビで見てい人だけに、リハビリのことなどはテレビなどで知っていましたが亡くなったのはとてもショックでした。
今回、訃報を伝える番組でいろいろな曲が流れていましたがほぼ知っていました。
ファンでもなく歌番組も熱心にみていなかった私が知っているくらいなので私と同世代の人にはもっと身近に感じていていろいろな思い出がある人が多いのではないかと思います。

映画にも10本以上、出演されています。
私は一本も観ていませんが妻夫木聡、武井咲主演で再映画化されている『愛と誠』とか『傷だらけの勲章』とか知られていると思います。
病と向き合いながら最後まで歌手活動されていたそうですごいと思います。
当時は何とも思っていませんでしたが今改めて聴いてみるといい曲、素晴らしい曲が多いと思います。
私でも当時のことが甦ったりします。本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りします。


星さんの訃報は突然で驚きました。
星由里子さんというと若大将シリーズの大学時代のマドンナの澄子が有名です。
私はリアルタイムでは観ていなくてテレビで観ています。
私が初めて観た星さんの映画は武田鉄矢主演の『刑事物語3』でした。
このシリーズは5作つくられていますが1作目とこの五島の福江が舞台の3作目が印象に残っています。
沢口靖子のデビュー作で演技は下手ですが存在感があり沢口靖子はやはりいいと思います。
セーラー服姿で田舎の子という感じで初々しくて自転車での登下校とか良かったです。
沢口靖子は不思議な女優さんだと思います。
印象がその頃とあまり変わりませんし今でも演技が上手い女優さんではありませんが演技とか関係なく存在感があります。
安定感というのでしょうか、それが彼女の武器というかすごさなのだなぁ…と思います。
星由里子は沢口靖子のお母さん役でした。二人は似てはいないかもしれませんが親子役が似合っていたと思います。
ずっと後になって『科捜研の女』で主演の沢口靖子のお母さん役を星さんが演じられたときは『刑事物語』の後日談みたいな印象がありました。

忘れていましたが大森一樹監督の『恋する女たち』にも出演されてました。3人の女子高生の恋と友情を描いた映画で私は大好きで何度か映画館に観に行きました。懐かしい思い出です。
『釣りバカ日誌』にもヒロインだった檀れいさんのお母さん役で出演されていました
若大将シリーズ以外の若い頃の映画や死別された花登筺のドラマ、舞台をみていない私にはヒロインのお母さん役を演じた印象が強い女優さんでした。
浅丘さん同様明るく元気なイメージのあるステキな女優さんでした。ご冥福をお祈りします



左とん平さん
左とん平さん

2月24日 俳優の左とん平さんが亡くなりました。80歳でした

代表作と言われている有名なテレビドラマ『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』などを私はほとんどみていません。
最初にはっきりと名前を覚えたのは『西遊記II』の猪八戒役でした。
一作目の西田敏行さんから二作目は左とん平さんにキャストが変更となりました。藤村俊二さんも新たにレギュラーとして出演されていました。
当時は一作目の西田さんの方がよかったという声が多かったと記憶しています。
今思うと本人は結構、プレッシャーとか大変だったかもしれませんが私は違和感はあまりなく毎回楽しんでいました。

私が一番左さんの作品として思い出すのは火曜サスペンス劇場の浜木綿子主演の『女監察医 室生亜季子』。
奥さんに先立たれた一人娘がいる川越の警察署の刑事役でこれもシリーズの前半はすまけいさんが別の刑事役で出演されていて警察官を退職され福島に帰郷された後、左さんが後釜として出演されていました(すまけいさんもその後も何度か出演されました。)全ての作品をみているわけではないですが私はこのシリーズは好きでした。
左さんが浜木綿子の好意を寄せていてふたりの関係、掛け合いも作品の魅力の一つで楽しかったです。
浜さんも左さんもとても役柄にぴったりといった感じで素晴らしかった思います。
このドラマシリーズ、お二人ともご自分が演じた役は好きだったんじゃないかと思います

そして私はテレビ時代劇が好きで『大岡越前』も好きでした。『大岡越前』も密偵三次を演じていた松山英太郎さんが亡くなった後、同じような密偵役でレギュラーとして登場されました。
私はたくさんドラマをみているわけだはありませんが他にもテレビの時代劇や現代劇に出演されていまし映画もたくさん出演されていて『吉原炎上』は覚えています

私が印象的で好きだったドラマが全てスタートから出演されてなくて途中から代役のような感じで出演というのは偶然でしょうが面白いと思います。
頼みやすなど人付き合いがよく人間的な魅力があった人だったのではないかと思います。

舞台は勿論ですが知りませんでしたが音楽活動など幅広く活躍されていたようです。
主役ではなく個性的な脇役としていつも作品を支えていた人でした。
テレビや映画でよくみていた人が旅立たれるのは寂しく悲しいです
ご冥福をお祈りいたします