FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



九州の航空会社で共同事業組合を設立へ
九州の航空会社で共同事業組合を設立へ(ORC、JAC,AMX、ANA,JAL)

オリエンタルエアブリッジ(ORC)、天草エアライン(AMX)、日本エアコミューター(JAC)の九州の地域航空会社と大手の日本航空(JAL)と全日空(ANA)の5社は業務提携を進めるため事業組合(LLP)を設立しています。

ORC,AMX、JACともに本土内を結ぶ路線もありますがそれぞれ大村市、天草市、霧島市と地方都市に本社がありそれぞれ五島・壱岐・対馬、天草、奄美諸島、隠岐などの離島路線がメインで離島の足を守る航空会社になります。
それぞれの会社が人口減少などで利用が低迷し、数少ない飛行機をやり繰りしながら運営している状態が続いています
その一方ORCは全日空系、JACは日本航空系になりこれまではあまり連携は図れなかったようです。
今回の事業組合ではその垣根を越えて商品開発や共同運航(コードシェア)など収益的なことやパイロットの訓練や機材の調達など様々な面で協力を図りながら将来的には合併や経営統合なども視野に入れ業務提携を進めていくようです
元々は国交省の有識者研究会ではこの三社に加え北海道エアシステムとANAウングスの5社の経営統合を提言していたそうですが調整が難航して九州3社の提携が先行となったようです

まず九州3社が先行するのはということは販売や機材の調達、飛行機の運用などいろいろと連携がとりやすいと思うのでかえって良いのではないかと思います。
AMXは小さな会社だしORCは航空機の整備不良などで国交省から改善勧告が出たりしていたので他の会社との連携はそれぞれの会社にとって大きいと思います。

業務提携が成功し生活路線としてもですが観光客など離島を訪れる人の足として航空会社その路線が維持、発展すればと思います。


※ORCのホームページ、KTNニュース、熊本日日新聞の記事を参考にしました





久留米ー山鹿線≪山鹿探訪エクスプレス≫の新設(西鉄バス
久留米ー山鹿線≪山鹿探訪エクスプレス≫の新設(西鉄バス)

山鹿市は熊本県の北部にある人口約5万の街です。
温泉と灯籠まつりが有名な観光地ですが鉄道線や高速道路が街を走っていません。
かつては植木との間に鉄道線があったり福岡市内とを直接結ぶ高速バスがありましたが現在は廃止されています。
最寄りの高速バスのバス停は「菊水インター」になります。ここから路線バスで20分で街の中心部に行くことができます。
また新幹線だとJR新玉名駅からバスで50分で行くことができます。
街の中心部にはバスターミナルの「山鹿バスの駅」がありここを起点に路線バスで九州産業交通が熊本市、玉名市、植木町、大津町ー菊池市、南関町―和水町などと堀川バスが八女市と結ばれています。

西日本新聞(10月3日号)によりますと平山温泉にマイカーで訪れる観光客の半分が福岡、久留米ナンバーだったこともあり久留米地区から更に観光客を呼び込もうと市と西鉄と協議して今回のバス路線が実現したそうです


《運行経路》
縄手ー(2~3分)-JR久留米駅(5~7分)ー六ッ門・シティプラザ前ー(5~7分)ー西鉄久留米~(久留米IC)~(菊水IC)-(約60分)ー山鹿温泉(八千代座入口)ー(約20分)-平山温泉
縄手     9:07、13:27
平山温泉  11:10 15:40
1日2便 木、金、土のみ週3日のみ運行で久留米市内のみの利用、山鹿市内のみの利用はできません。
料金は片道1500円、2枚綴り回数券2700円、4枚綴り4800円   となっています

「縄手」バス停は西鉄バス久留米の京町支社にあるバス停で福岡空港や北九州行きの高速バスの始発地となっていてパーク&ライドを実施しています。
「六ッ門・シティプラザ前」は久留米井筒屋の跡地にある劇場やホール、広場などがある文化施設の最寄りバス停になります。
山鹿市には山鹿バスの駅ではな「八千代座入口」のバス停に停まります。
「八千代座」は国の重要文化財に指定されている資料館を併設している明治43年に作られた芝居小屋で観光地となっています。
「平山温泉」は山鹿市の中心地より更に奥にある1300年以上の歴史がある山鹿市の温泉地になります

今回は2,019年11月1日から2020年10月31日までの1年間の試験運行です
多くの方が利用して定期運行にそして増便、毎日運行になるとよいですね

不知火号廃止(名鉄バス・九州産業交通)
不知火号廃止

名古屋ー熊本間で運行されていた夜行高速バス『不知火号』が9月30日で廃止されることが発表されました

『不知火号』は1990年に名古屋鉄道と九州産業交通の共同運行で開設された路線でした
《運行経路》
西部車庫ー熊本駅前ー熊本交通センター―熊本県庁前ー自衛隊前ー益城インター口―武蔵ヶ丘―植木インターー
菊水インター~名鉄バスセンター

私は利用したことはないのですが熊本・名古屋をそれぞれ20時過ぎに出発して目的地に8時までには着くという
ビジネス客も利用しやすい時間設定でした

原因は推測でしかありませんが、運転士の不足、燃料費の高騰、LCCや新幹線開業の影響、地震、人口減少などによる
利用者の減少などかなぁと思います。

佐世保、長崎、大分…と九州と名古屋への夜行バスは福岡便以外は廃止となりました。
元々名古屋は関西や東京と比べると九州との結びつきは弱かったと思いますがそれにしても九州で3番目に人口が
多い熊本と本州を結ぶ夜行高速バスの廃止は寂しいと思います
熊本交通センターは現在、再開発されていてまもなく完成する(9月14日の予定みたいです)のですが完成後、すぐに
姿を消すのは残念です。

名古屋と九州を結ぶ便は福岡・北九州と名古屋を結ぶ『どんたく号』(西鉄)と『ROYAL EXPRESS』(ロイヤルバス
)の2路線となりました
最近はツアーバスから高速乗合バスに移行した会社の方が勢いがあるように思います



福岡ー佐世保、福岡ー長崎に新しい高速バス(ユタカ交通)
福岡ー佐世保、福岡ー長崎に新しい高速バス(ユタカ交通)

7月20日より佐世保や長崎と京阪神を結ぶ夜行高速バスも運行しているユタカ交通(大阪府池田市)が福岡―佐世保、
福岡―長崎間に高速バスをそれぞれ毎日8往復ずつ運行しています

◯福岡ー佐世保
佐世保ー福岡間は「佐世保駅前みなと口」と博多駅前筑紫口「 HEARTSバスステーション博多」を途中停車地なしに
ダイレクトで結びます。

佐世保ー(110分)→博多
    6:10、、7:10 、8:10 、9:10、 12:40 、13:40、14:40、15:40
博多→佐世保
  9:30 、10:30 、11:30、12:30、16:00 、17:00 、18:00、19:00

◯福岡ー長崎
長崎―福岡間は長崎駅前の「大村ボート発着所前」を出発し「諫早インター」、「大村インター」、「嬉野インター」に停車後に
佐世保便同様博多駅前の「 HEARTSバスステーション博多」とを結びます

長崎ー(25分)-諫早ー(15分)-大村ー(25分)-嬉野ー(85分)→博多
長崎→博多  
   6:00、7:00、8:00、9:00、15:00、16:00、17:00、18:00
博多→長崎  
   9:30、10:30、11:30、12:30、18:30、19:30、20:30、21::30

佐世保―福岡は西鉄・西肥バスと長崎ー福岡は九州急行バスとの競合になります。(JRも競合します)
運賃はそれぞれの往復券や4枚つづりなどより安く設定されているようです。
天神には行かないこと、便数が8本と従来の高速バスに比べると少ないこともあり利用はしにくいですが安さなどで選択
する人はある程度いるのではないないかと思います
また空港や天神を経由しないので博多駅周辺に行く人には早く着きますし特に佐世保便は直通なので影響はあるのでは
と思います

九州急行バスのCMが最近よくテレビで流れていますがユタカ交通の新しい路線を意識してのことなのかもしれません
また西肥と西鉄の共同運行の佐世保―福岡の「させぼ号」、九州急行バスの長崎―^福岡「九州号」では夏休み
キャンペーンとして7月20日より9月1日まで天神の商業施設で利用可能なクーポン券を車内に用意して配布しています。
夏休みにはよくキャンペーンはありますが今回はとくに意識しているかもしれません。
将来は佐世保―長崎間のウルトラ回数券のような割引切符も発行されるかもしれません。

ユタカ交通の佐世保の待合所は出来ているのですがまだ閉まっていたりと不明な点もありますが一度は利用
してみようと思っています。
博多駅前に出来た新しいバスセンターも行ってみたいです
心情的には「させぼ号」や「九州号」に頑張って欲しいと思いますがお客さんファーストでお互いの会社が切磋琢磨して
利用者が利用しやすいようなバスをそれぞれ運行してほしいです


※ユタカ交通、西肥バス、九州急行バスのホームページを参考にしました。


高速バス「日田ー湯布院」線 停車地追加(亀の井バス・日田バス)
高速バス日田ー湯布院線 停車地追加(亀の井バス・日田バス)

昨年の12月より期間限定で湯布院駅前バスセンターと日田バスセンターを結んでいる高速バス「日田ー湯布院線」
(亀の井バス・日田バス)が今月(6月)22日より日田市内の観光地・豆田地区の入口にある「城内豆田入口」とサッポ
ロビールの九州日田工場への乗り入れが開始されました
日田から湯布院への第一便はこれまでのように日田バスセンターと湯布院駅前バスセンターのみの停車ですが残りの
2往復が停車となります

【運行経路】 
湯布院駅前BC-城内豆田入口ー日田バスセンターーサッポロビール九州日田工場

湯布院―日田間だけでなく日田市内のみの利用も可能で例えばビール工場から豆田入口までの利用もできるので
便数は少ないですが日田市内巡りにも利用できそうです
平日の乗車はどうなのかなぁと思いますが福岡ー日田、福岡ー湯布院は便数が多くて利用しやすいですが日田ー
湯布院となるとJRはありますがバスだと「ゆふいん号」や「サンライト号」を利用して日田はインターでの乗降となると
思うのでバスでの移動は不便だと思います
久大線沿線の二大観光地を結び街の中心まで直接行けるバスは便利だと思います

運行は今年の3月までの予定だったそうですが外国人観光客に好評(特に韓国人が多いそうです)で今年の9月まで
半年間運行が延長されています。好調が続けば再延長も検討するそうです
バス会社や地元では外国人だけでなく日本人観光客にも、そして地元の人にも路線バス感覚での利用も期待している
そうです。
土日祝日だけでも増便となり定期的に運行されるようになるとよいですね



米西日本新聞、亀の井バスホームページなどを参考にしました