FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



九州一周駅伝
7月6日の読売新聞に「九州一周駅伝」が今年限りで終了することが発表された旨、掲載されていました。
今年の10月27日から8日間にかけて行われる第62回大会(51区間、733.9㎞)が最後の大会になるそうです。
「協会としては続けたい思いもあったが、総合的に判断した」 「多くのファンに支えられてきた。残念ではありますが、時代の流れについていけなくなった。一定の役目は終えたと思います。」など大会の関係者の方々がコメントされています。
近隣住民から交通渋滞への苦情が増えたことや警備費、運営費などの経費の赤字が理由だそうですが、晩秋の『「九州の名物詩』といっていいこの駅伝が廃止になるのは本当に残念です。

この九州一周駅伝は1952年(戦後7年後にスタートしているのはすごいことだと思います)に始まったこの大会は当初は1090.29㎞を10日間かけて九州本土を走破していて「世界最長距離の駅伝」と言われてきました。
その後、私は知りませんでしたが2年前の2011年にスタイルを変更して大会日数を8日間に、距離を739.9㎞に規模を縮小して新たなスタートをきったばかりだったようです。

大会は長崎市の平和公園の平和記念像前をスタート(これも素晴らしいことだったと思います)して佐賀県、熊本県、鹿児島県、宮崎県、大分県を巡って最後は福岡市の西日本新聞本社前がゴールになっていました。

第1日目は長崎市から佐世保市の市役所前までのコースになります。
ちょうど、仕事場の前をランナーが走っていくので、仕事が忙しくないときは、関係者の方が配布して下さる旗をふりながら「頑張れ!」と選手に声をかけたりするのは楽しみでした。九州は一つというのが実感できるような気がしていたので本当に残念です。

この大会は「旭化成」を有する宮崎県と 人口が多く、企業も多い福岡県が2強でそれに山口県や熊本県が続くという構図だったのですが、私の地元の長崎県が三菱重工長崎の監督に旭化成の児玉泰介さんを迎えたりして(現在は退職してあります)、県全体でマラソンを強化したりして10年くらい前から3番手、4番手に定着して、区間や1日だけでも時折、首位になったりしたこともあり私同様、長崎県民の方でも結果が楽しみで関心を持っていた方も多かったのではないでしょうか。

かつて指導者の方が「この九州一周駅伝があるおかげでたくさんの選手の可能性を試すことができ、選手の強化に繋がった。乗り切る事で選手も自信を持つことができた」みたいなことを言われていました。(記憶があいまいなので間違っているかもしれません)
大会関係者が言われるように長丁場で運営は本当に大変だったとと思います。
ただなんとか別の形ででも九州・山口が一緒に競い、選手の育成・強化に繋がるようなことな駅伝が存続・継承されたらと思います。
スポンサーサイト