FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



「白石アパート前」バス停 (佐世保市瀬戸越1丁目)(西肥バス・まめバス)
白石アパート前(佐世保市瀬戸越1丁目)(西肥バス・まめバス)
~南区峠⇔白石アパート前(当バス停)⇔ポンプ場前~【瀬戸越団地線】

白石アパート前バス停

「南区峠」バス停より坂道を下りて行きます。下り坂の途中、「南区峠」バス停より割と近い距離にバス停はあります

白石アパート

文字通りアパート「コーポ白石」のすぐ前にバス停はあります

白石アパート前

↓『瀬戸越団地』の横(写真の左側)には『春日の杜』という新しい住宅地が造成されています。
MR泉福寺駅が一番最寄の交通機関の施設と思います.
瀬戸越団地に比べると新しく規模も大きくて坂も少ないです.
他にも周囲には住宅地は多いです。
そのうちコミュニティバスや乗合タクシーなどの新しいルートの運行があるかもしれません。

白石アパート前バス停

下り坂は続きます。やがて坂道は緩やかになっていき道は右にカーブします
道は平坦になり先ほど登ってきた道を横切り進むことになります


「南区峠」バス停 (佐世保市瀬戸越1丁目)(西肥バス・まめバス)
南区峠バス停 (佐世保市瀬戸越1丁目)(西肥バス・まめバス)
~南区中央⇒南区峠(当バス停)⇒白石アパート前~【瀬戸越団地線】

南区峠バス停
「南区中央」バス停より坂道を進んでいきます
家は続きますが緑も増えてきます。
途中に小さな神社もあります

正一位稲荷大明神鳥居

『正一位稲荷大明神』という小さな神社になります。時間がなくて残念でしたが中に行くことはできませんでいた。

南区峠への登り道バス道

細い道になります。かなり勾配はあります。
(アンソニー・マンの西部劇の舞台になりそうです?)
大型車は無理でマイクロバスサイズのバスしか乗り入れはできないと思います。

↓坂道は突き当たりにぶつかり左右に道が分かれます 写真では左になる下り道を進みます

瀬戸越団地上り詰めた場所南区峠

↑(中央の道を登ってきました。写真の左の道を進みます。右は少し進むと家はなくなり細い登り道が続きます。ゼンリンの地図をみてみると先に佐世保工業高校のグランドや堤などがあるようです。)

南区峠を上に上り撮る
↑(これから下り坂を進みます。奥にかすかに写っているのが南区峠のバス停です。手前の道が工業高校のグランド等への道になります)

南区峠バス停遠景その1
 
塀の上の家々の後ろは地図をみてみると木が生い茂り山になります。家はないようです。 

南区峠バス停遠景その2
ここから下りになります
「南区中央」バス停(佐世保市瀬戸越1丁目)(西肥バス・まめバス)
南区中央バス停(佐世保市瀬戸越1丁目)(西肥バス・まめバス)
~公園前⇔南区中央(当バス停)⇔南区峠~【瀬戸越団地線】

南区中央バス停

「公園前」バス停より坂道を直進して行くと坂道の途中に「南区中央」のバス停があります

『瀬戸越団地』は以前、紹介した『赤崎団地』同様に山を切り開いて造成してつくられた団地になります。
「南区中央」バス停は名前の通り団地の中央部あたりになります

バスは団地内を傾いた8の字のように進み回って行くと思われます。
周りは静かな住宅地になります。
ゴールデンウィークの午前中ということもあってか車もあまり通らず静かでした


南区中央バス停遠景その1

↑写真で坂道の下にある白い建物のあたりが「公園前」のバス停になります。中央に横断歩道がありますがバスは後ではここを左から右に横切り下っていくことになります



南区中央バス停遠景その2

(坂道は続きます)


南区中央よりの昇り
(道は狭くなっていき途中から一方通行になります)
 

「公園前」バス停(佐世保市瀬戸越1丁目) (まめバス・西肥バス)
公園前バス停(佐世保市瀬戸越1丁目)(まめバス・西肥バス)

~工業高校前⇔公園前(当バス停)⇔南区中央~【瀬戸越団地線】


公園前バス停

まめバスは大野モールから左石駅前を経由して才牟田に行く路線と工業高校前から『瀬戸越団地』を循環して淀姫神社を経由して岩下洞穴前まで行く2系統3路線が運行されています
「公園前」は瀬戸越団地内最初のバス停になります。


『瀬戸越団地線』は平日のみの運行でバスに乗車できるチャンスがないのでおそらくこのルートではないかと思われる道路をかなり前ですが歩いてみました。
ルート間違っているところもあるかもしれませんが簡単に記載してみます。

「工業高校前」バス停から矢峰・柚木方面に国道を進みます。
少し進むと右手前方に春日町方面への道が現れます
ここで国道を離れてこの右手の道を進みます

(右の道が国道から分岐している道になります。写真では見えませんが左に国道があります。国道を離れこの道を進みます。)

工業高校からまめバス通用道路
(国道との分岐点になります。左手が国道で矢峰・労災病院方面になります.右に進んでいきます)

工業高校からの道路入口交通標識


進んで行くと春日小学校から矢峰方面へ行く道と合流します

工業高校からの道と春日小学校からの道と合流

(ここで春日小学校からの道と合流します。正面奥の白い建物は工業高校。真ん中の道を進んできました。左手が春日小学校方面に。右手がこれから進む道になります)


工業高校そば伽藍様(まめバス運行上)
合流地点にあります 何かいわれがあると思われます

泉福寺第一公民館
合流地点から右(矢峰・柚木方面)に進みます。少し進むと泉福寺第一公民館があります。ここで右手に登り道が現れます
この登り道が瀬戸越団地線になります。
バスはここから瀬戸越団地を循環して再びこの道に戻り今度は右折して矢峰方面に向かいます

泉福寺第一公民館その2
泉福寺第一公民館お地蔵様
泉福寺第一公民館になります 公民館の中にお地蔵さんが祀ってあります。 何番か忘れましたが西国札所か何かの札所にもなるようです


P1030857_640.jpg
直進する道が矢峰方面への道です。右手に瀬戸越団地への道があります



泉福寺第一公園前

泉福寺団地に入り坂道を直進すると右手に小さな公園『泉福寺第一公園』があります。その前に「公園前」のバス停があります。『瀬戸越団地』に入って一番最初のバス停になります

公園前バス停遠景その2
公園前バス停遠景
(静かな住宅地です)

ここから坂道を直進して進んで行くことになります。

*泉福寺第一公民館から瀬戸越団地を写した写真など入れたかったのですが今回はできませんでした。機会があれば付け加えることができれば…と思っています
工業高校前(佐世保市瀬戸越3丁目)(佐世保市営バス/西肥バス)
工業高校前(佐世保市瀬戸越3丁目)(佐世保市営バス/西肥バス)

~瀬戸越町⇔工業高校前(当バス停)⇔労災病院入口~矢峰・柚木
大野モール⇔工業高校前⇔公園前~(まめバス・西肥バス)


                        (大野方面になります)
『県立佐世保工業高等高校』のすぐ前にあるバス停になります
佐世保には平成の大合併により佐世保市の一員となった鹿町町に『鹿町工業高校』、そして沖新に『佐世保高等専門学校』がありますが一般的には『工業高校』というと佐世保工業高校のことを連想すると思います。

更に国道498号線を進むと矢峰に市営バスの矢峰営業所が、柚木に西肥バスの待機所があるため路線バスは高頻度で運行されており佐世保市役所・佐世保駅など市の中心部に行くならほとんど時刻表を気にしなくても乗ることができます。

佐世保工業高校前バス停柚木方面乗り場
                        (矢峰・柚木方面になります)

佐世保工業高校は私にとっては野球の名門高校というイメージがあります。日体大に進学して広島で活躍した白武投手(現広島スカウト)、巨人や近鉄で活躍して投手コーチも務めた香田投手とかプロ野球で活躍した選手もいます。
中学の頃、一度、甲子園に応援にいった思い出があります。
長崎日大や佐世保実業、清峰…と県内に強いチームができたこともあってか最近はなかなか甲子園に出場できませんが古豪として復活して頑張ってほしいです

佐世保工業高校正門

西肥バスが委託運行しています「まめバス」の瀬戸越団地・岩下洞穴線は起点である大野モールを出発した後は路線バスの停留所がある「上の角」「瀬戸越町」は停車せずこの「工業高校前」に停車後、瀬戸越団地に入りその後岩下洞穴に向かいます
「上の角」、「瀬戸越町」も停車してもよいのではと思いますが料金が300円と普通の路線バスに比べると割高のため混乱を避けるため分岐点となる「工業高校前」のみの停車になっているのでは…と思います

工業高校前バス停まめバス案内

バスは佐世保工業高校の学生の利用が多いですが周辺は住宅地になっておりバスの本数も多く通勤、買い物などでバスを利用する人は多いです。
松浦鉄道の踏切も近くにあり交通量も多く朝はかなり混み合います。

近くに松浦鉄道の「泉福寺」駅もあります
第三セクター後にできた駅ですがここも利用者は多いです。

また近くには宗家松浦氏の居城であった大智庵城の城跡、泉福寺洞穴、また大門洞穴など史跡が数多く点在しています


*佐世保市中心部方面へのバス停は写真は掲載できず矢峰・柚木方面のバス停のみ今回、掲載しています。
他にも近くの史跡の写真などの掲載も考えていたのですが…
いつか補足できれば…と思ってはいます。